SSSS.DYNAZENON

 まさかのグリッドマンスピンオフ第二弾。ちなみにグリッドマンはネイティブ世代である。ほとんど覚えていないけれど。

 この作品、前作「SSSS.GRIDMAN」と比べて基本的なラインは同様で、自然体風会話劇や特撮オマージュの演出はそのまま。異なっている点といえばキャラクター造形の方針と怪獣の誕生方法だろうか。

 本作では怪獣は何者かが蒔いた怪獣の種から生じており、その何者かは明かされていない。続編で明かされるのだろうか。そういうわけで本筋は「怪獣を倒すために仲間になったキャラクターたちの変化」という部分になる。

 キャラクター造形がSSSS.GRIDMANと異なるのはキャラクターの内部にドラマの理由を作る必要があったからだろう。というわけで基本的にはキャラクターが悩んでいるのを愛でる作品なので、前作が好きだからこっちも好きかというと微妙な部分もあるよなとは思う。

 内面のドラマが原因となって合体できない展開と、それを乗り越えたカタルシスは何度かあってやりたかったことなんだろうなとは思うし、実際よかった。それほど強烈なカタルシス、というわけではなかったのは、大きな障害となるような仲間内での対立を描けなかったからだろう。それは今の時代にもあっていなくて、カタルシスを描く難しさというのもあるよな、など。