あいつら全員同窓会/ずっと真夜中でいいのに。

 2ndアルバム「ぐされ」以降でひとつめの新曲。

 内省的な歌詞による溜めからのアッパーなサビと、(いつも通り)歌詞世界に対する丁寧なアンサンブルのアプローチが気持ちいい小洒落た曲。

 以前からそういったアプローチはあったものの、ラップのようなパートや口笛、ささやきといった声を装飾的に用いる手法はこの曲ではより強まっており、楽器としてのボーカルとストリングスがよりメロディアスとなったことで、ボーカルとバンドという対比でない、ひとつのプロジェクトとしての調和したアンサンブルの完成度がさらに高まっている。

 アレンジは恒例の100回嘔吐氏。準レギュラーメンバーの恩恵か、バンド全体の世界観に対する理解度の高さに驚く一方で、これまでの変化球の多さからすればちょっと王道のずとまよ曲でもあった。

 もっとも(商業的にも)次のアルバムに入るであろう曲の一つ目となるとスタンダードを出していくのは定番な手法なので変化球はこれからに期待といったところ。