人形の国 8

 全体としては中盤の佳境が目前なのだろうかという第8巻。

 相変わらず引きの絵が多くて表情が少ないにも関わらず感情のドラマが動いている技術の高さに驚かされる。流れがするすると入ってくるし、画面の情報量が少ないこともあいまってクドさもない。これってSFであること、異世界であることを加味すると相当すごいことだよなと思ったり。