勘冴えて悔しいわ(MV)

www.youtube.com

YOUTUBEチャンネル登録100万人記念だそうで、メインのPVあり曲(シングルみたいな扱いだろうか)とは異なるお祭り的要素の強い特別編。

内容の考察はおいておいて、これまでのずとまよを総括して思うのはターゲットの設定がかなりはっきりしているという点だろうか。

「潜潜話」ではティーンをターゲットにしていた。アレンジは比較的曲のジャンルを絞りつつ、じれったい10代をややアイロニカルに描いていた。

「地下の階段TAMURO 嫌いの共感会議 (居眠り遠征隊)」

2枚目のフルアルバム「ぐされ」ではぐっと世代を押し上げ、アレンジも一気に幅広いものとなった。商業音楽における競争さえ示唆するような歌詞もあり、自らの立ち位置に自覚的なのだろうか。

「幸せを壊し合ってゆくことにどう 折り合いをつけていけばいいんだろう (繰り返す収奪)」

次に出る曲はどんなものだろうかとときどき想像する。個人的な予想では、独自のサウンドスタイルの洗練と、ポップでありながら実験的な曲構成の追求だろうか。