人形の国 7

人形の国(7) (シリウスコミックス)

人形の国(7) (シリウスコミックス)

人形の国(7) (シリウスコミックス)

 

  大きな展開への準備の巻という印象の第7巻。

 諸勢力の思惑が出ながら各々良くも悪くも交友を深め、というお話。

 

 この作品、巨大な構造物や敵が登場するんだけれど、大きなものほどディティールが少なくてブレたり途切れがちな線で描かれている。これって遠くのものが空気で霞んで見える人間の目を通した表現なのだけれど、これがシンプルな作画なのにスケール感が出ていて驚く。

 キャラの描き分けもどういう理屈でやっているのか(とくに変身後の姿)気になる。特徴的な何かがあるわけではなく、むしろキャラデザインは見分けがつきにくいほうだと思うんだけれど不思議と判別できてしまうので気になっている。

 ちなみにフルカラー版が発売されているそうで、そっちもちょっと気になっている。(デジタル制作が普及している今はフルカラーコミックもブルーオーシャンだと思う)