チェンソーマン 5~7

チェンソーマン 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)

  絵のところだとアクションで映画的なスケール感のシーンが出てきて、これがすごくいい。格闘とか剣術はちょっと窮屈そうな印象だったけど、とくに電車の戦いとか台風のシーンは斬新さはないけど娯楽漫画としてジャンキーな爽快感がいい。

 

 シナリオはそんなに語ることもないかなぁ。

 中学生みたいな恋愛観の主人公と同棲生活は青春映画みたいで、それ+能力バトルなんだけど、いろんな映画やらの引用が小気味よくてクドくないバランス感覚とセンスで安心して読める。

 主人公とパワーがとくにそうなんだけど、人物があまりドラマに追われていなくて自由に振る舞うのでキャラクターが立つという動かし方がギャグの余地を作っていて、起こっているドラマ自体はちょっとクドいバトル漫画にありがちなんだけど、ギャグのはさみかたが上手いので軽く読める。要約すればデビルマン的な話なんだけど、「調理が上手い」というやつ。

 戦う動機みたいなの、けっこうかったるいからね……。