朗らかな皮膚とて不服/ずっと真夜中でいいのに。

朗らかな皮膚とて不服(通常盤)

朗らかな皮膚とて不服(通常盤)

朗らかな皮膚とて不服(通常盤)

 

  Youtubeを開いたらサブスク配信開始のニュースがあったので、リリースされたら書こうと思っていた記事を書いている。全曲レビューとかしたことないので多目に見てくれ……。(ちなみに聴きながら書いているので初めて聴く曲もある。つまり後で感想が変わる)

1.低血ボルト

 リズミカルなピアノの音が透明感のある一曲目。スラップを多様してリズムの緩急をつけるベースと手数の多いドラムに負けじとピアノもリズミカル。テンポが早くて短い曲なのに雰囲気の違うメロディがいくつも耳に残るのはタメの短い曲構成ととんでもないパワフルな演奏の賜物かな。

2.お勉強しといてよ

 発表された順番が一番最初ということもあって、これまでのずとまよ。と新作の中間に位置するのかなと思っている。

 川谷絵音がずとまよ。について話しているコラムがあって、自分の影響があったのではといっていた。影響というのは一曲の中に一昔前なら別の曲に使われていたような毛色の違うメロディーを使う手法のことだけれど、もうそれも当たり前になりつつあるので音楽の手法が浸透するのは早い。

 映画や音楽は時代を追うごとにどんどん早く、密度が高くなり続けているんだけれど、この曲ももうちょっとテンポが遅いアレンジでも成立すると思う。それがちょっとまくしたてるようなテンポで進み、やや毛色の異なるメロディへと次々変化していくことで生まれるギアが切り替わるみたいなムードの変化が気持ちいい。

 

 余談だけど僕の世代もそうだったけど、音楽が好きな中高生はこういう自由に動き回るベースに弱い。

3.Ham

 シティ・ポップみたいなオシャレイントロから繊細なAメロ、硬いベースが異物のように入り込みピアノの緊張感と相まって暗い感情を表現するBメロ、感情の激流の呼び水となるサビ頭のギターと、各パートが曲の感情に変化を与えながら現れる凝ったアレンジ。基本となるのが繊細なドラムなのがずとまよ。らしさだなぁ。

4.JK BOMBER

 サビへの展開で「えっ?」てなった。(どの曲でも初めて聴いた時はだいたいそう思うんだけれど)

 メロディーの変化と掴みどころのなさは突出してるんじゃないだろうか。

 ギター中心のロックテイストで、ずとまよ。×ロックサウンドのようにアレンジによる曲の広がりが楽しい。様々な音楽ジャンルとずとまよ。の掛け合わせはこのアルバムのテーマなんだろうか。フォロワーがやるようなことをどんどんやってくの、困った先駆者だよなぁ。(褒め言葉)

5.マリンブルーの庭園

 ノイジーで柔らかいギターでサビがシューゲイザーみたいなミドルテンポ曲(?)。

 ずとまよ。の曲ってメロディーの変化が激しくて掴みどころがないから何度も聴き直すんだけど、この曲はすっと入ってきたので落ち着いて聴ける一休みな印象。いや、普通ならAメロももうちょっと柔らかいメロディーにすると思いますけどね。

 このミニアルバム、全体的にサビ頭に(これまでに比べて)キャッチーなメロディーが入っててテレビとか大衆層を意識した戦略なのだろうかと推測してる。コア層への認知は十分広がったから戦略を切り替えているんじゃないかと。

6.MILABO

 Jazzin’Parkの久保田真悟氏がストリングスとブラスのアレンジを担当してるんだけれど、とにかくサウンドが気持ちいい。

 メロディーの耳馴染み良さとサウンドの明るさもあってマスに訴えれる曲だと思うけれど、ボカロというかネット発のサウンドとメジャーシーンの音楽の融合も感じる。

 

 

 

 これまでの良さはそのままアレンジの幅が広くて質も高いので、よほどコアな「初期ずとまよ。ファン」でもなければおすすめ。まぁ僕がいうまでもなく、みんなおすすめされなくても聴くでしょう。

 

 ずとまよ。が多数のプロフェッショナルによる周到な計算の上に成り立っているプロジェクトであることは疑いようがないと思う。対して「ずっと真夜中でいいのに。」という名称は、真夜中という言葉が特別な意味をもつのが若い一定の年代だけであるために、若い世代を意識したものでもある。

 もちろん戦略的に売り出すからといって何ら価値が下がることはない。むしろ音楽的には挑戦的な要素も多いプロジェクトで、ものすごく詩的ないいかたをすれば、真夜中が好きな思春期を過ごした人たちが大人になって身につけたものを使い作り上げた、完璧なあの真夜中の続きなのだ。

 

 ……書いてから気づいたけど発売が8/5で配信が8/3って、ストリーミング先行なんですね。(SNSの話題を先行させる手法なのかな)