チェンソーマン 4

チェンソーマン 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

  急展開に感想が何も出てこなかったんだけれどポストに4巻が入っていたので致命傷を免れた。

 

 あまり感想らしい感想が出てくるタイプの作品でもなく、「3巻を読んで感想が出てこなかった」という時点で続きがめっちゃ気になっているやん俺という話ではあるのだが。

 キャラクターは危険な戦いに対して個々に心持ちがある。んだけれど、それが生死を分けているよいうよりその場の展開で決まっているような。主人公にしたって心持ちは最低だし。

 このあたりや全体の作劇からしても、ホラー映画+バトルものといった雰囲気は随所に感じる。この方法、キャラクターのドラマは弱くなるけれど、その分展開が読めずキャラクターの生死がいい具合にまったく読めない。

 次の巻で確実に生き残っていると断言できるのはせいぜい主人公くらいだろうか。チェーンソー、ホラー映画、銃ってアメリカをすごく感じるのでこの辺も分析すると発見があるかも知れない。