ゾイドワイルド ZERO 第34話「音速の貴公獣!疾風のハンターウルフ!」 – ニコニコ動画

ゾイドワイルドZEROを認識したのは25話からで、 (たまたまニコ動を開いたらランキング上位にあった)ティラノサウルスゾイドのいる島に無数のゾイドによる集中砲火→シールドで防御される→荷電粒子砲の反撃で壊滅的被害というゾイド伝統芸能の回だった。

監督は初代ゾイド、スラッシュゼロも担当された方だり、意図したものなんだなぁ、と。

キャラクターの描写自体は対象年齢があがりすぎないようにという意図を感じる一方でゾイドの動きによる表現は昔から変わらない。おそらくよほどデフォルメしないかぎり動きの普遍性は損なわれない。子供と大人が楽しむコンテンツは総じて戦いが存在するのは、大きな動きの普遍性が組み込まれているからでは、と思ったりもした。